CD
ATAK022 Live in Paris Keiichiro Shibuya
559b690c86b188177d0009ae

ATAK022 Live in Paris Keiichiro Shibuya

3,780 JPY

About shipping cost

現在の活動拠点のひとつであるパリのシャトレ座でソロ・コンサートを行った渋谷慶一郎。その熱狂のライヴをSACDハイブリッドでパッケージ。 「初音ミク主演のオペラ」として世界的な成功を続けるボーカロイド・オペラ「THE END」のピアノとコンピュータによる「ミクなし」ヴァージョン、渋谷の名前を広く一般に知らしめたドラマ「SPEC」のピアノソロによるライヴヴァージョン、世界的な現代美術家・杉本博司とのコラボレーションによる楽曲などポップからエクスペリメンタルを横断する幅広い楽曲群を収録したこのアルバムは渋谷慶一郎の「最新の代表作」となるだろう。 渋谷慶一郎は東京芸術大学作曲科を卒業後、2002年に自身の音楽レーベル・ATAKを設立。自身のソロアルバムを含む先端的な電子音楽を矢継ぎ早にリリースし、世界的な注目を集める。しかし大きな転機となったのは2008年にリリースされた初のピアノソロ・アルバム「ATAK015 for maria」だった。ピアノソロのCDとしては異例のロングセラーを続けるこのアルバムは現在のハイレゾ、高音質ブームを先取りするDSDレコーディングとマスタリングの徹底的な駆使により最高音質、解像度のアコースティックアルバムは電子音楽のカッティングエッジにもなり得ることを証明した。 渋谷のその後の活躍は目覚ましく、現在はパリと東京を拠点に世界中で活躍を続けている。本作は「for maria」以来となるDSDのオーソリティ、オノセイゲン氏を迎えSA-CDハイブリッドとして完成した。 「for maria」が渋谷にとって大きな転機だったとしたら、このアルバムは単なるライヴ盤とは異なる、大きな転機の再来となるだろう。「THE END」の衝撃を超えてピアノと電子音がここまでの密度と解像度で融合した作品は未だ存在しない。 -- 01. Aria for Time And Space (Piano Solo Version) 02. Heavenly Puss 03. Nothing Happens Twice 04. Aujourd’hui le monde est mort/Etransient (Collaborate with Hiroshi Sugimoto) 05. Spec 06. Open Your Eyes 07. Aria for Time And Space (Version) 08. Aria for Death (Version) 09. Aria for The End (Version) 10. At Last I’m Free (Dedicated to Jean-Luc Choplin) -- All Music, Composition, Piano, Keyboards, Programing, Produce by Keiichiro Shibuya Electric Guitar by Seiichi Nagai (Track03) Voice by Hiroshi Sugimoto (Track04) All Technical Support and Additional Noise (Track04) By evala Track04:Composed for Collaboration with Hiroshi Sugimoto at Palais de Tokyo 2014. Track10:Dedicated to Jean-Luc Choplin (General director of Théâtre du Châtelet) Recorded at Théâtre du Châtelet, Paris October 20, 2014 (Live Recording) Recording, Editing, Mastering Engineer: Seigen Ono (Saidera Paradiso) Assistant Recording Engineer: Corinne Bouvet (Cocc(i)nelle Production) Art Direction & Design By Ryoji Tanaka (ATAK, Semitransparent Design) Printed By Graph Photograph By Mika Ninagawa A&R: Motoichi Sugita (Sony Music Japan International) Agent for Keiichiro Shibuya by Jiro Yamada (Tick Tack Publisher Co., Ltd.) Management for ATAK by Mayu Nemoto (ATAK),Kazuya Gunji (ATAK)